現場リポート

現在進行中の現場進捗状況をご紹介

現場リポートでは、現在進行中の工事の様子や進捗状況を随時更新しながらご案内しています。

(明石市)無量光寺 庫裡 新築工事

無量光寺 庫裡新築工事に関する施主の信念・建物に対する熱意と我が社に対する期待と要望。

この建物は普通の古民家風の建物では有りません。
最初に施主である住職に紹介を受けた時、これはとんでもない現場に来たなと痛切に感じました。 何かと言々ますと、最初に見せられた書物は、次の様な本でした。

 『民芸運動と建築』:日常の生活器具類などに美的価値を認めようと、柳宗悦・河井寛次郎・濱田庄司らによって大正末年・昭和初年に始められた運動で有るが、この三名に遅れて、加わって「民芸の建築」手本を示した、芹沢_介・富本憲吉・なども重要である。
又建築や歴史的景観への興味を共有した、式場隆三郎・吉田璋也という二人の医師、そして壽岳文章・棟方誌功・外村吉之助らも民芸にとどまらず、建築や歴史的景観への興味を共有した人々であった。
■ 代表的な建築物には、
濱田庄司郎邸:母屋=陶芸メッセ・益子内・上台(別邸)=益子参考資料館内
       栃木県芳賀群益子町益子
式場隆三郎邸:(非公開) 千葉県市川市国府台
日本民藝館・長屋門・柳宗悦邸  東京都目黒区駒場
河井寛次郎記念館:  京都市東山区五条坂
壽岳文章邸 日向庵 附 松ヶ崎の住宅・旧岡本邦二郎邸  京都府日向市 (非公開)
上田恒次郎邸: 京都市左京区岩倉木野町 (非公開)
松乃鰻寮: 旧松野邸  京都市左京区岩倉木野町
他・などが有ります。

 『保田與重郎のくらし』:京都・身余堂の四季 ・上田恒次郎が設計・監理を行い、
 施工は木曽久治郎、大工頭は牧野金次郎が担当した。

この様な書物を見せられ、御住職の今回の庫裡に対する思いが伝わって来ました。

それから、無量光窯と工房を案内され、大きな薪の窯1基・重油の窯1基・電気窯1基
が有り、そこらかしこに壺・絵皿・器など沢山無造作に置かれて有りました。


竣工予定日:2011.9.30
延床面積:264.17u
間取り:7LDK+UT
設計:中島工務店設計室


12345|    << 前のページ | 次のページ >>

屋根瓦葺きが、完了し、内部造作も進んで来ました。

2011.4.14更新

屋根瓦葺もとても綺麗に出来ました・(北面)より望む。

越屋根も立派に完了しました。

内部造作も進んで来ました、2階の床が1階の天井(柿渋を塗った40mm厚)です。

断熱材もびっしりと貼られ、鴨居にもベンガラを塗られています。

 

 

 


サッシュ取付・屋根瓦葺き・造作工事が、始まりました。

2011.4.6更新

外部サッシュ取付完了しました。

1階の床貼り工事中です。完了部より養生もバッチリです。

瓦も屋根に、全てまくばられました。

玄関前の下見板もきれいに貼られました。

 


2階の床板40mmの杉板に柿渋塗りと、屋根工事が始まりました。

2011.3.30更新

2階の床板が、搬入され、1階の化粧天井部を、皆さんで又140枚の柿渋塗中です。

屋根工事も始まりました。瓦桟もきれいに打たれました。

3月30日に、瓦も屋根に揚げられました、


3月16日:上棟式を迎えることが、出来ました。

2011.3.16更新

五色旗・矢羽根の飾り付けも出来ました。

大黒柱・恵比寿柱の前に、祭壇も、棟札の飾り付けも出来ました。

住職様と(かわいいお孫さまの)子坊様も立派です。

住職様、副住職様、子坊様、3名で御念仏です。

月浦山 無量光寺庫裏新築工事の上棟式が、始まりました。

 

 


いよいよ建て方が始まりました。

2011.3.8更新

3月3日より建て方が始まり、大黒柱・恵比寿柱が、建ちました。

3月4日:1階部分が建ちました。

3月6日:2階の建て方も完了し、一部屋根パネルも貼ることが出来ました。

無量光寺窯の煙突の向こう側に見えます。

 


12345|    << 前のページ | 次のページ >>

 

[ 一覧に戻る ]