現場リポート

現場リポートでは、現在進行中の工事の様子や進捗状況を随時更新しながらご案内しています。 各工事名をクリックしていただくと詳細をご覧いただけます。

凱風館(内田樹様邸)新築工事

「日本辺境論」等等、多数の著書を出されている内田先生のご自宅兼合気道道場を 新進気鋭の若手建築家、光嶋裕介氏が設計された建築がいよいよスタート。
■光嶋裕介建築設計事務所
 URL→http://www.ykas.jp

竣工予定日:平成23年10月末
延床面積:350u
間取り:4LDK+合気道道場
設計:光嶋裕介建築設計事務所 光嶋裕介


1234567891011|    << 前のページ | 次のページ >>

2011.4.6 墨出し

2011.4.6更新

2011.4.6 墨出し

 

基礎のコンクリートの上には、アンカーボルト(基礎と土台や柱を緊結する金物)が整列しています。 

 

この写真の上が北になるのですが、ちょうど11:30に基礎とアンカーボルトの影が平行になりました。この建物には、今後、毎日毎日11:30に南面に直角方向に陽が入るということです。

ということで、来週の建て方をひかえ、K監督と私設計室Mとで、墨出し(基礎コンクリート上に土台の位置を墨付けすること)を行いました。 

 

これが、墨つぼと言い、墨付けをする道具です。左先端部が伸びて、墨の付いた糸が出てきて、その糸をはじいてコンクリートに写しつけます。 

スケール(メジャー) で寸法を追っていきますが、もちろん精度は・・・・

で、この糸を右手の親指で押えるのですが、当然、その役目は、私Mの役割です。

親指の先っちょには、痛々しい筋が ・・・

 

押えているときは、痛いです。(K監督は痛くない方の役割です。)

10時のおやつは、

 

二人で、仲良く食べました。みたらし団子が3本だったので、少々もめましたが ・・・

 閑話休題

 現場レポートからは、少々脱線しますが、わが神戸支店の話題など。

4/1 箕面市のキャンプ場の現場が竣工を迎え、なんせキャンプ場なので現場があまりにも広いため、皆で最後の掃除をしようということになりました。

 

当日、支店のほぼ半数が参加 して、鷲見支店長(一番右)の号令のもと「やろまいか」精神で掃除してきました。 

せっかくですので、今回はE部長(上写真、一番左)の手のご紹介など。

 

 

昔は、ラグビーで鍛えた手です。今は、もう、いいおじいちゃんですが。

最後に、本日の現場の模様は、 

 


『凱風館』 軸組み現る・・・!!

2011.4.1更新

この画面は・・・!?

もしや・・・!?

初お披露目、凱風館の軸組パースですね。

なんだか設計の意図がいっぱい詰まった印象的な外観は、

凱風館の力強さを感じさせますね。

実はココ、「東濃ひのきの家」プレカット工場、

東京から岐阜の加子母村へ、

光嶋先生、構造設計の坂田先生(金箱構造設計事務所※)を交えての、

最終加工打合せの模様です。

ここでは、

光嶋先生が、

「最終的な仕上り・見え方に影響を与える軸組の寸法的な納まりを」

坂田先生が、

「構造的な強さを発揮できる軸組の組み方を」

中心に、プレカット工場の梅田さん、そして私Kと、

加工確認を含めて詳細を決める作業を進めているんですね。

(梅田さん、ニット帽被って寒そうですよ。実際加子母村はまだ寒かったです)

 

そして、工場内に積み上げられた こちらが↓↓

そぉ、内田先生の家のために伐り出された構造材です!

実はこの構造材、内田先生の古くからのご友人であり、

林業家でもある京都は美山 小林直人 さんより、

届けられた杉材なんですよ。

内田先生が、ウチを建てるときはヨロシク!と、

一年以上前から準備されていたという小林さんの大切な材料、

それに触れた光嶋先生も、思わずニッコリっ♪ですね、

そして、目玉は、何といっても、

この立派な杉丸太ではないでしょうか?

かなりのボリューム感が伝わってきませんか。

もちろんこちらも小林さんからのものです。

この友情丸太がどのように使われるのか・・・、

光嶋先生の描いた設計とは・・・、

皆さま、お楽しみに・・・。

そして、

最後にこちらも 何だか気になる材料です↓↓

ニョロニョロとしたものが伸びています!

ギュ〜っと強い力で押された

茶色い樹脂が滲み出てきたようですよ。

ヒントは、凱風館の重要な骨格となる部材です。

さて、何でしょう?

 

最後にお馴染み、【郷土料理の宣伝】です。

いつも美味しい加子母村のケイ(鶏)ちゃんを・・・

光嶋先生・坂田先生とともに!お腹いっぱい。

加子母村へお越しの際は、また是非食べにいきましょう!!

光嶋先生、

実は2週続けてのケイちゃんランチ、

あの美味しそうな食べっぷりは、

きっと隠れファンになっちゃったかもしれませんよ・・・

 

※金箱(カネバコ)構造設計事務所 坂田先生:

「京都駅ビル」・「兵庫県立美術館」などをはじめ、

多くの構造設計実績を有する構造設計事務所です。

なんと、光嶋先生の東京事務所とは偶然にもご近所だとか・・・。


2011.3.23 基礎コンクリート打設

2011.3.23更新

2011.3.23 基礎コンクリート打設 

 

現場の「つくし」もすっかり姿を消して、「スギナ」ばかりとなりました。

本日は、17日の基礎底版コンクリート打設に続き、基礎の立ち上りコンクリート打ちです。

こんなロボットも登場します。コンクリートポンプ(ブーム)車と言います。

 

生コン車からコンクリートを受け入れてポンプで圧送します。

 

いかつい姿も横から見ると・・・

10時半には、コンクリートの打設も終わり、昼食をはさんで、 1時頃から、基礎の天端(上端)にレべラーを流し込みます。

レべラーとは、基礎のレベル(高さ)の精度を上げるために用いる、天端(上端)に流す、水のように流動性の良い モルタルです。

まずは、コンクリートとレべラーの接着が良くなるように、天端に櫛目を付けます。

  

その上にレべラーを流し込みます。

 

 以上で、本日の作業は終了です。1週間の養生期間を経て、来週水曜日には、型枠をはずす予定です。

本日は、当社の安全パトロールの日でもありました。

  

光嶋先生の右隣が、泣く子もだまる、鬼の安全部長の平井さんです。 現場では、怖〜い存在ですが、ひとたび現場を離れるとやさしいお人柄なので、ご安心を・・

 それでは、最後に、K監督の今週の悪行を書こうと思ったのですが、昨夜、事務所で、若手のホープK崎監督(K監督ではありません。)より、「最近、K監督とMさんの関係、ギクシャクしてますよね〜。」と言われ、いささかショックを受け、反省しました。よって、今回は、数少ない善行をお伝えします。(探すのに苦労しました。)

 

善行というほどのことでもありませんが・・・

本日の現場の状況は、 

 

 


基礎配筋検査

2011.3.15更新

2011.3.15 配筋検査

 

配筋検査には、内田先生を始め、光嶋先生、構造の金箱先生が来られました。 

 

 (左から金箱先生、内田先生、光嶋先生です。)

本日の神戸は、ポカポカと 暖かい陽気で、花粉も大量に飛散しています。

六甲山もかふんでいます。(かすんでいます。すみません。)

 

しっかり検査もしていただき、2〜3点の指摘をいただき、是正させて頂きます。

 

 

これは、ホールダウン金物といい、コンクリートと木の柱を 緊結する建築金物です。型枠に赤い横線が見えますか?赤い横線の高さまでコンクリートを打設し、その上部(グリーンの部分)にグリーンの部分は取り除いてから、木の土台を差し込み、ネジで締め込みます。

グリーンの部分は、市販のゴムホースなのですが、これを巻くことで、はねたコンクリート の付着を防げるし、高さを確保するのにも役立ちます。

本日の職人さんの手は、前回登場していただいた、チョイ悪オヤジの一設備の古閑さんです。

 

 いつも几帳面な仕事、ありがとうございます。

現場でこんな貼り紙が、

 

「無し」 なら何も描かなくていいような気もしますが・・ このバカ丁寧さがA型のK監督の仕事です。

 

 それでは、本日の現場の模様です。

 

 


掘り方、砕石地業工事など

2011.3.8更新

2011.3.5 掘り方工事

 これが、前回にご紹介した地盤改良工事の杭頭です。位置、径、高さ共、OKです。

 

2011.3.7〜8 砕石地業工事

掘った後には、基礎、捨てコンクリートの下の砕石を敷き詰めます。

 

基礎の下には、排水管 を仕込んでおきます。

 

見事に整列した配管の仕事をされたのは、一(いち)設備の古閑さんです。

黒ヘルにダーク色にまとめた作業服。チョイ悪 親爺も2児のパパです。

  

 

 

いやいや、顔は見せません。(また、次回のお楽しみということで・・・)

■□□■□□【設計室Mさんへ】■□□■□□■ 

割り込みですが、こんにちは。K監督です。

Mさん、いつも現場リポートありがとうございます。

今日の現場リポートの古閑さんの写真、

0.5mmずれてますよっ!

古閑さんがもっと引き立つように、

次回はレイアウト気を付けてくださいね。

期待しています。

■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□■

それでは、本日の現場は・・・

 

 


1234567891011|    << 前のページ | 次のページ >>

 

[ 一覧に戻る ]