現場リポート

現場リポートでは、現在進行中の工事の様子や進捗状況を随時更新しながらご案内しています。 各工事名をクリックしていただくと詳細をご覧いただけます。

凱風館(内田樹様邸)新築工事

「日本辺境論」等等、多数の著書を出されている内田先生のご自宅兼合気道道場を 新進気鋭の若手建築家、光嶋裕介氏が設計された建築がいよいよスタート。
■光嶋裕介建築設計事務所
 URL→http://www.ykas.jp

竣工予定日:平成23年10月末
延床面積:350u
間取り:4LDK+合気道道場
設計:光嶋裕介建築設計事務所 光嶋裕介


1234567891011|    << 前のページ | 次のページ >>

2011.4.26 事件は現場で起きているんだ!

2011.4.26更新

2011.4.26 

まずは、本日の現場の全景から

 

足場も出来て、シートも張り、やっと工事現場の体裁が整いました。

内部はというと、

 

 2階の根太 完了。

 

そして、本日の作業は、2階の間柱の取付けです。だんだんと部屋の区切りがはっきりしてきました。建て方の時のように劇的な変化はありませんが、こつこつと丁寧な仕事で仕上げていきます。

閑話休題

上棟式以来、支店でK監督の姿が見られなくなりました。ど〜も、現場に直行して、夜遅くに支店へ戻って来ている様です。私、施工図部隊の立場からして、そんなに現場ばかりに行かず、支店にも居てほしいのですが・・(もちろん、寂しい訳ではありませんので、お気遣いなく。)

と、ところがです。な、なんと! 

 

久しぶりにサッシなどの打合せで、現場を訪れてみると、あの野郎〜、勝手に現場事務所を作っているではありませんか!(ちなみに写真左下あたりに写っている柱の切れっぱなしが椅子です。絶対、O゛になりますよ。)

で、何でこんな大それたことをとの質問に、「事件は現場で起きているんだ!」(by青島刑事)とのこと。・・・いや、私はイイと思いますよ。 

そして、帰り支度も終わり、

 

二つ並んだヘルメット、ちょっと、ドキドキしました。 


2011.4.20 棟上げ

2011.4.20更新

2011.4.20 上棟式

 

やっと、この日を迎えることとなりました。この二日間の雨風には正直悩まされましたが、「チーム神戸支店」の力で乗り切る事ができ、喜びも一入です。

そして、内田先生、光嶋先生、本当におめでとうございます。

そして、現場はまだまだ先は長いですが、これからもよろしくお願いします。

まずは、式次第。

 

そして、工匠7人衆のご紹介。

 

(左より、光嶋先生、田口正信大工、竹本正也大工、岩木棟梁、田口善次大工、加藤現場監督、中島勇大工)  凛々しい姿です。

祭壇礼拝の儀。

 

曳綱 之儀。

 

 

 6人の工匠に指揮棒を振る、光嶋先生。(中央)

槌打之儀。

 

四方固めの儀。 

 

再び、祭壇礼拝之儀。 

 

そして、記念撮影。

 

散銭、散餅。

 

 

 

 

直来(なおらい)。光嶋先生のごあいさつ。

 

続いて、内田先生のごあいさつ。 

 

かんぱ〜い。 

 

本日のレポートは、この辺で・・・

詳しいレポートは明日にでも・・・ スミマセン・・・  

 

 


2011.4.19 上棟式前日

2011.4.20更新

2011.4.19 屋根野地板貼りと雨養生など

4/18の夜に、雨養生のシートが不慮の強風にあおられてはずれそうになるというアクシデントもあり、夕方から、支店にいるメンバーと大工さんたちも急きょ招集され、「やろまいか〜!」の掛け声の元、現場に直行し雨養生をおこないました。雨の中の夜の作業ではありましたが、皆で声を掛けながら、「チーム神戸支店」としては、より連帯感が強まった感じでした。

本日4/19も、明日に上棟式を控えているにもかかわらず、雨模様ということもあり 、「チーム神戸支店」は再び機動し、屋根の野地板貼りとともに、今度こそしっかりとした雨養生を行いました。現場というのは、本当に思ったようにはならないものですが、こういう苦労を乗り越えてこそ明日の上棟式の美酒に酔えるのだと思います。そして、明日は・・・

 


2011.4.17 建て方5日目

2011.4.18更新

2011.4.17 小屋組

本日の作業は、梁、桁、垂木の小屋組です。

今日は日曜日なのですが、明日の天気予報が雨という事で、明日の月曜日を休みにすることにしました。 

折りしも、このあたりでは、だんじり祭りの練習が行われる季節でもあり、笛や太鼓の音色がまるで、このために奏でられているようでもあり、雰囲気満点です。 

そして、「本日の〜、メイン、イベント〜〜!大黒柱〜1本〜勝負!」

ついに、美山の杉丸太が加子母の8角大黒柱に架かります。

 

大工さん、4人掛かりで、相当に苦労しました。 そして、その瞬間が・・・

 

感動です。 

 

しっかりと、いつまでもいつまでも、 支え続けます。

そして、2階部分もその骨格を表してきました。

 

2階部分は、部屋の用途毎に屋根形状を変えてあり、 南の島のコテージ風でした。

どんな風に仕上がるのか、今から、ワクワクします。 (もちろん施工業者として、図面をみて、どうなるかは知ってはいるのですが、これだけ複雑だと・・・)

それでは、その複雑な屋根形状など。細巾で成のある垂木はとてもきれいな影を落としていました。

 

大工さんは、ちょっとした、ホゾの直しなど、現場でアッと言う間にやってしまいます。

 

それでは、本日の現場の状況、

 

そして、明日の雨のためにしっかり養生を行いました。

 

どこかのサティアンでは、ありません。念のため・・・ 

 


2011.4.16

2011.4.16更新

2011.4.16 引き続き建て方

 

現場の写真、ちょっと模型風にアレンジしてみました。

本日は、2階の柱、梁の組上げです。 

2階の柱が立ち並ぶと、まさに、美山の森を想起させます。  

 

そした、本日のメインイベント。この現場の中で最も大きい丸太梁を架けました。

 

いや〜。本当に大迫力でした。

今回は、大工さんの作業風景などをポートレートします。 やっぱ、現場の花形は、大工さんですよね〜。とにかく、かっこイイです。

 

 

 

そして、本日は、内田様の奥様がお見えになり、差し入れをしていただきました。

なんと、「御影ダンケ」のバターブレンドコーヒーです。紙パックのアイスコーヒーがあることは、初めて知ったのですが、 あのコクは、とても他では味わえないです。ありがとうございました。

それでは、最後に、本日の現場です。

 

  

 

 

 

 

 


1234567891011|    << 前のページ | 次のページ >>

 

[ 一覧に戻る ]