現場リポート

現場リポートでは、現在進行中の工事の様子や進捗状況を随時更新しながらご案内しています。 各工事名をクリックしていただくと詳細をご覧いただけます。

凱風館(内田樹様邸)新築工事

「日本辺境論」等等、多数の著書を出されている内田先生のご自宅兼合気道道場を 新進気鋭の若手建築家、光嶋裕介氏が設計された建築がいよいよスタート。
■光嶋裕介建築設計事務所
 URL→http://www.ykas.jp

竣工予定日:平成23年10月末
延床面積:350u
間取り:4LDK+合気道道場
設計:光嶋裕介建築設計事務所 光嶋裕介


1234567891011|    << 前のページ | 次のページ >>

2011.9.22 初秋

2011.9.22更新

2011.9.22 台風一過の後、やっと秋がやってきました。

 

 内部では、いろいろな木が、いろいろな色を塗られ、様々な表情を見せています。

 

天井は、杉に柿渋のみを塗装、壁は、黒ベンガラを混ぜた柿渋塗装。

 

これは、白ベンガラを混ぜた柿渋。

 

この格子もイイ表情が出ています。

外部には、楽しみな左官工事が始まっていました。

 

井上左官さんの腕の写真など・・・・(真剣なまなざしで壁を見つめられていました。) 

ここからは、ちょっとだけ、 内田先生にも6月に行っていただいた、我ふるさと「加子母(かしも)」のご紹介など。

 

  

黄金色の稲穂がたわわに実っていました。 

じつは、「水と緑の勉強会」と銘打って、加子母をもっと知っていただこうと、お客さまをご招待するイベント です。

 

 

木の伐採シーンを見ていただいたり、

 

ここは、原木市場。

 

ひのきの山を、元営林署で山の研究をされていた中川に説明、案内させていただきました。

 

この木が二代目大ヒノキという大木です。

彼らこそ山の住人です。人間は、彼らに遠慮しながら歩かせいただく気持ちが大事かと・・

 

とは言いながら、こちらでは食べちゃいます。中国料理とは違い、背中のぶつぶつに毒があるそうで、 ちょっと苦味があるそうです。みなさんも、一度、ご賞味あれ。(いやいや、私は・・・)

これは、「栃の実 」です。

 

割ってみると、中実は、栗のような実で、あく抜きが必要ですが、もちろん食べれます。

 

 「栃の実せんべい」、「栃餅」などが有名です。

栃の木もフランス語では、「マロニエ」です。(ちょっと、おしゃれでは・・・) 

みなさんも、是非是非、「加子母」へ遊びに来てください。 

 


東濃ひのきの畳

2011.9.13更新

今回は本社よりレポートさせていただきます。
こちらでは道場に使われる90枚の畳の製作が始まりましたので、製作をお願いしている加子母のお隣、岐阜県下呂市の飛騨フォレスト様に取材に伺いました。

近代では畳の芯材はポリスチレンの板であることがほとんどですが、今回は防虫・防カビの抗菌作用があり、断熱性、調湿性、耐久性にも優れた東濃ひのきを使った畳を採用していただきました。 

では、製造工程を御紹介します。

まず、市場で東濃ひのきの原木を購入します。

この機械で木の皮をむきます。

チップにしてしまうのがもったいないような綺麗な木材ですが、節などが少し多めで、柱には使いにくい木材だそうです。

この機械でチップがどんどん作られます。

近づくと、ひのきのとてもいい香りです。

乾燥箱の中にどんどん均して、詰めていきます。

離れてみるとこんな感じです。

箱の中はこんな感じです。

乾燥箱がいっぱいになったら、乾燥器と接続して一晩乾燥させます。

乾燥させたら、麻を縫い付けます。

 

今回は道場用の畳なので、ウレタンと木質ボードを合わせてやっと完成です。

 

 

 

 


2011.9.6 本日の神戸は晴天なり。

2011.9.6更新

2011.9.6 台風一過のあと、久々の晴天で、一気に秋に近づいた感じです。

 

現場の方では、左官屋さんの仕事が始まりました。

 

まずは、写真の金網(ラス)を貼っていきます。この上に下地のモルタルを塗って、その上に仕上げの洗い出しやら、漆喰やらを塗っていきます。

内部はというと、

 

2階の廊下の天井が仕上がっていました。 とても繊細なラインが印象的です。

 

これは、DKの壁です。シナベニヤという合板なのですが、こういう風にシャープな黒い目地できれいに割り付けて貼ることで、モダンな感じとなります。

 

2階の大空間 も角度を変えるとこんな風にも見えます。中央の大黒柱の右には、部屋の中に、もう一つの部屋があるようですが、あれは、洗面とトイレです。

前回の続きで、もうちょっと「柿渋」のお話を・・

ひとつ、訂正とお詫びがあります。前回、臭い臭いと言っていた「柿渋」ですが、この柿渋、におわない柿渋でした。これも化学の進歩だとは思いますが、ちょっと寂しい気もします。

 

この時は、白いベンガラを混ぜていました。

 

 

これが、黒いベンガラを混ぜた時の仕上がり。 

そして、柿渋だけ、杉の丸太に塗るとこんな色にあります。

 

結構、朱くなります。

最後に、本日の屋根の様子など ・・・

 

壁は、まだまだ左官の下地の状態ですが、なかなか古色な 風情で、イイ感じでした。

 

 

 

 


2011.9.1 台風12号接近

2011.9.1更新

2011.9.1 明日、明後日と台風の影響を受けそうなので、台風養生のため、シートを全てめっくて足場にくくりつける作業を行いました。おかげと言っては・・・ですが、一瞬とはいえ、凱風館が姿を現しました。

 

 

今は、外壁が 板張りのように見えますが、これは、「木摺」と言って、左官仕上げの下地になります。このままでも、結構きれいなもんです。

 

本日は、定例打合せということもあり、光嶋先生(中央)も 現場に来ていただき、しっかりチェックしていただきます。今日のメインは家具、建具の打合せです。よろしくお願いします。(ちなみに、右、S支店長、左、K監督です。)

階段室の天井が貼られていました。

 

これも、現場が始まってから、光嶋先生が考えられた、デザインです。弊社も先生のアイデアにどれだけ付いていけるか、具現化できるか、とてもエキサイティングな現場であります。

 

この天井は、「シナベニヤ」と言いますが、壁と天井の境が黒い線でビシッと 区切られて、とてもシャープな印象になっていますが、こう見せるのにもテクニックが要ります。

  

お気づきでしょうか? そうです。わざわざ、下に黒いテープを貼っているんですね。 

 

本日は、「柿渋」のご紹介など。

凱風館では、木部の塗装に「柿渋」を多く使っています。 「柿渋」とは、平安時代より使われている日本固有の材料で、当時は、衣服の染色や、薬にも使われていたそうです。現在でも、うちわや和傘に塗られいますが、特に、建築の木部の塗料として、健康を害さない材料として、見直されています。すばらしい・・・・が、くさいです。と言っても、匂いは、時間とともに消えていきますので、ご安心を。

 


2011.8.20 本日は、ちょっと涼しい神戸です。

2011.8.20更新

2011.8.20 暑さも中休みでしょうか。このまま涼しくなってくれれば良いのですが・・・

さて、現場では、2階の床板を貼るために、足場がはずされ、大空間が見えてきました。

 

階段室には、大きなガラスが入り、 とても明るいです。

 

 

その横には、ガラス屋根も仕上がっていました。

 

 

 屋根工事も着々と進んでいますが、あの猛暑の中、屋根の上はすごいことになっていましたが、本日は、風が吹いてなんと気持ちのいいこと。こんな日には、屋根工事はやっておられませんでした。(残念!)

ですが、発見!若い大工さんが、屋根の棟の下地板を打っていました。

 

原 大工(21歳、独身)です。ニックネームは、ハラッチ、原キュン、はらなり、柿しぶなり(柿しぶを塗っているときのみ) などなど。神戸支店に泊まり込んで頑張っています。ただいま、彼女はいないそうですが、いらないとのこと。「まだまだ、修行の身ですから」とのことです。手の写真を撮らせてもらおうとしたら・・・

 

とにかく、よろしくお願いします。 


1234567891011|    << 前のページ | 次のページ >>

 

[ 一覧に戻る ]