現場リポート

現場リポートでは、現在進行中の工事の様子や進捗状況を随時更新しながらご案内しています。 各工事名をクリックしていただくと詳細をご覧いただけます。

凱風館(内田樹様邸)新築工事

「日本辺境論」等等、多数の著書を出されている内田先生のご自宅兼合気道道場を 新進気鋭の若手建築家、光嶋裕介氏が設計された建築がいよいよスタート。
■光嶋裕介建築設計事務所
 URL→http://www.ykas.jp

竣工予定日:平成23年10月末
延床面積:350u
間取り:4LDK+合気道道場
設計:光嶋裕介建築設計事務所 光嶋裕介


1234567891011|    << 前のページ | 次のページ >>

2011.11.17 朝の凱風館

2011.10.17更新

2011.10.17 本日の神戸は、ポッカポカ の陽気で、六甲山にはモヤがかかっていました。

光嶋先生も早朝より現場に来て頂いています。 

 

 

朝陽を浴びて、漆喰の白が鮮やかに浮かび上がっていました。 朝の姿もなかなか美しいです。

そして、中の様子です。まずは、現在現場事務所として使わせていただいている寝室はというと、

 

続いて、階段室は、

 

朝陽の気持ちよさを実感できる出来上がりです。

そして、いよいよ、山本画伯による「老松」の製作が始まりました。

 

 

この深いグリーンの上に、どのような「老松」が描かれるのでしょうか?現場には、緊張の糸が張りつめていました。

と、これは、当社の鬼の現場監督平井部長が、画伯のためにこしらえた椅子です。

 

ちょっとでもお役にたてればと・・・

現場の前には、例よって桧の切れ端を置かせていただいています。本日のは、お値打ち品です。ほとんど節の無い桧の板材です。 

 

もう2組の方が持っていかれたので、無くなるのは、時間の問題だと・・

お近くの方は是非是非お急ぎ下さい。

現場の方では、外構工事も旧ピッチで進んでいます。

 

閑話休題

昨日、内田樹先生の出演されている「ラジオデイズ」の平川克美氏との対談を聞かせていただきました。原発のお話やら、日本鎖国論やら、「能」 というものが、単なる娯楽や趣味ではなく、教養であったというお話やら、興味のつきない面白いお話だったのですが、その中で、ご自宅は、美山の杉と飛騨の桧で建てておられることをお話されていました。(確か、鎖国論から木材は自給できるというお話の流れだったと思うのですが・・)。内田先生の大胆なアイデアには、とても驚かされるのですが、一方では、それが、とても全うなご意見だと思います。とても面白くためになるお話でしたので、皆様も是非是非、聴かれてはと思います。

http://www.radiodays.jp/item/show/200808 

 

 


2011.10.10 速報

2011.10.11更新

2011.10.10 速報です。足場が解体されました。

ついにその全貌が・・・・

 

 

 

 

この仕事をしていて、毎回毎回、この瞬間が一番ドキドキして、一番感動します。

工期もあと1か月を切りましたが、現場の方は、 丁寧な仕事で、頑張っていきます。

そして、もう1つのスクープ。 

 

道場の正面に飾られる、山本画伯の「老松」です。

 その後ろの壁を塗るのも大変です。絶対に汚さないよう、左官屋さん4人がかりで作業していました。

 

そして、玄関横のスリット。暗くなるのを待って、 中の電気をつけてみました。

 

 

本日のおまけは、足場解体の前日に行った、当社のイベントの風景など。

秋晴れの中、神戸市北区にある森林植物園にて、「秋楽祭」のイベントに出店させていただきました。

 

 

今回は、巨大迷路をつくりました。迷路に使っているパネルは、先日、光嶋先生が、東京のイベント(チャリティーイベントROSES)で使われたヒノキパネルです。 ここでも大活躍です。

 

なかなか皆さん行ったり来たりで大変です。

 

子供たちには、かんなくずプールが人気です。こちらは、ひのきのかんなくずで、お風呂に入れるとのことで、持って行かれる方もおられました。

 

毎回人気の木工教室です。

最近、竣工されたお施主様が来られて、洗面所の収納を製作されていました。なかなかの出来栄えでした。

 

 

子供さんでもこのくらいのものは出来ちゃいます。

私も、ちょっと、挑戦してみましたが・・・

 

椹(さわら)の木で、鰆(さわら)を作ってみました。・・・すみません。 

 

 


2011.10.6

2011.10.6更新

2011.10.6 雨の神戸より

本日の神戸は、昼から雨が降り出し、ちょっと肌寒さを感じます。

 

この屋根もだいぶ見慣れてきましたが、やはり雨の方が、きれいに見えます。白い壁は漆喰ですが、屋根の色とマッチして、イイ感じです。

 

屋根の鈑金工事をされた、阪南鈑金の佐々木さんが、本日は軒樋を 取り付けに来られていました。今日は、息子さんだけでしたが、親子でされている職人さんも、最近は、少なくなったような気がします。

 

玄関の壁が仕上がってきました。黒寒水の洗い出しです。今日は雨のため湿気を吸って、なんとも深〜い黒が出ていました。

 

窓枠の方も仕上がってきました。

 

この窓枠の模型を光嶋先生が打合せに持ってこられたのは、今年の初め、2月のことでした。

 

井上左官さんのチームは、去年、神戸の舞子の方で「旧武藤邸」という文化財の現場をさせていただい時と同じメンバーです。

 

  

左官屋さんの「鏝(こて)」には色んな種類があり、道具箱の中にちらばっています。

 

奥の方では、井上左官さんが、何やら調合をされていました。時々、指でさらっては、なめて確かめておられました。(すみません。言い過ぎました。)

内部はというと、

 

道場の天井です。よ〜く見てください。節を探すのは大変です。手前味噌ではありますが、ほんと、イイ材料です。(エヘンッ!)

岩木棟梁は、和室の脇床の落し掛けの施工中でした。

 

 

モダンな床の間です。

そして、最後に、事務所の机に謎のオブジェが・・・

 

光嶋先生のデザインによる建具の引手です。 

「神は、細部(ディティール )に宿る」は、建築家ミース・ファンデルローエの言葉です。

 

 

 


2011.10.3 番外編

2011.10.3更新

2011.10.3 SDレビュー2011 大阪展

 

この度、光嶋先生が、若手建築家の登竜門、SDレビューに入選され、その展覧会に行ってきました。もちろん入選作品は、「凱風館」です。                  http://www.kajima-publishing.co.jp/sd2011/index.html

10月12日までやっていますので、是非是非、みなさん、足をお運びください。

 

 

光嶋先生のブースです。ひいき目なしで、一番良かったです。

デザインはもちろん、模型の造りこみ具合からいっても、すばらしかったです。

と言うよりも、これが現実に今工事中ということが、なんと言っても、すごいことですよね。

 

 

 

 

ほんと、見せ方もとてもイイですよね。

  

先生、自らの説明にも熱が入ります。

 

本日は、パーティーも行われ、K監督も出席させていただきました。ありがとうございました。

そして、おめでとうございます。

 

そして、おめでたい話つながりで、当社の完成見学会のご報告など・・ 

 明石の方で、お寺の庫裏(住居部分)を設計施工させていただいた物件が竣工を迎え、お施主様のご厚意により、完成見学会を行わせていただき、たくさんの方々に足を運んでいただきました。

 

「無量光寺」(かの源氏物語にもゆかりのお寺です。) 

 

中央に印象的な灯篭が見える山門をくぐった左手に完成しました。

 

 緑と、屋根瓦と、漆喰の白と、木部の古代色塗装が、いい感じにマッチしていて、折り重なる屋根が、奥行を感じさせています。「新築には、見えないよね〜。」とは、お褒めの言葉と受け止めさせていただきました。

お施主様のご住職は、あの「民藝運動」 にも関わりをもたれており、自ら陶芸もされます。

 

  

表玄関を入ったところの梁組の架構です。柱や梁は、組み上げる前に、お施主様とご兄弟、お知り合いの方々が自ら、べんがらを配合した、柿渋を塗られました。赤と白と黒と木の色がダイナミックに絡み合っています。

 

その下で歓談される1コマ。(中央がご住職、左、S支店長、右、設計営業を担当した早野)

中央の囲炉裏は、宮大工の松下大工が手がけさせていただきました。

 

「陰翳礼讃」 は、谷崎潤一郎の作品でした。

最後に、当現場を担当させていただたN監督など・・・

 

いやいや、なんぼでも触ってやってください。

それでは、詳しくは、当社HPをご覧ください。

 http://www.npsg.co.jp/shrines_temples/reports/cat5-1.html

 

 


畳をつくる

2011.9.27更新

今回は畳をつくっている現場をレポートさせていただきます。
伺ったのは加子母の隣、下呂の川上美装さんです。
若く見えますが川上悟さんはもう10年近いキャリアです。
今回は本物のい草を使っているので、通常の3倍の時間がかかるそうです。
集中力のいる作業に見入ってしまいました。



 



1234567891011|    << 前のページ | 次のページ >>

 

[ 一覧に戻る ]