現場リポート

現場リポートでは、現在進行中の工事の様子や進捗状況を随時更新しながらご案内しています。 各工事名をクリックしていただくと詳細をご覧いただけます。

凱風館(内田樹様邸)新築工事

「日本辺境論」等等、多数の著書を出されている内田先生のご自宅兼合気道道場を 新進気鋭の若手建築家、光嶋裕介氏が設計された建築がいよいよスタート。
■光嶋裕介建築設計事務所
 URL→http://www.ykas.jp

竣工予定日:平成23年10月末
延床面積:350u
間取り:4LDK+合気道道場
設計:光嶋裕介建築設計事務所 光嶋裕介


1234567891011|    << 前のページ | 次のページ >>

速報!!!!!

2011.3.5更新

2011.3.5 道場の名前が決まりました。

内田先生のtwitterにて、道場の名前が発表されました。

「凱風館 (がいふうかん)」です。

堂々として、溌剌とした感じを受けました。

出典などは、以下だそうです。

出典は詩経「凱風南より彼の棘心(きょくしん)に吹く」から採りました。初夏のそよかぜは南から吹いて、あの硬いいばらの若芽を育むという文意です。南からのそよ風、転じて「かたくな心を開くもの」の意です。

 


光嶋先生 神戸支店へ泊まられる。

2011.3.2更新

2011.3.2 左官打合せ、そして、地盤改良工事

昨夜は、光嶋先生が加子母から深夜に神戸支店へ到着され、そのまま泊まられました。同じ釜の飯を喰った訳ではありませんが、寝食を共にすると言うか、とても親近感を覚えさせていただき、仕事にも身が入る思いです。

まずは、午前中の左官打合せ。(左、光嶋先生。右、井上左官さん) 

 

 

左から(上下は色違い)、しっくい、御影石洗い出し、黒寒水洗い出しです。

一番右の黒寒水洗い出しについては、見た事が無かったため、「こんな仕上があったんですね〜」と言ったところ、井上さん曰く、「わしも初めてじゃ。」

外に持っていくと、陽に当たるとキラキラと輝き、曇ると漆黒の闇に沈み込み・・・

 

本当に、毎回、井上さんには驚かされます。

ここで、突然ではありますが、井上さんの血液型は、AB型なんだそうです。

K現場監督(A型)「そうですよね〜。B型には、こんな綺麗な洗い出しは無理ですよね〜。」 (井上さんは確かにB型ではないが、A型でもないです。) 

K嶋先生(O型)「僕も、B型の人が居るのを知らずに、B型の女性は・・・」

もう、知りません。神戸支店の女性には、二人もB型がいます。これから出されるお茶には、くれぐれもご注意の程を・・・

閑話休題。

昼からは、地盤改良工事の現場監理に同行させていただきました。 

今回の地盤改良工事は、柱状地盤改良と言い、まさに、杭を打つようにオーガーで2m程の穴を掘り、そこにセメントミルクと穴の周辺の土を撹拌させて地盤改良杭をつくる工事です。 

 

 

左から、K監督、パイル基工(次男さん)、光嶋先生。

しっかり監理もしていただき、このあと、お施主様と打合せだそうです。寒い中、本当にありがとうございました。

最後に、 

 

このナンバープレート、パイル基工さんの車のものです。

そうそう「死ぬのも1番、苦しむのも1番」 の訳ないです。

「良い杭」です。当然!

それでは、本日の現場は・・

 


基礎工事打合

2011.2.23更新

2011.2.23 基礎工事現場打合

地盤改良工事、基礎工事を行う、パイル基工さんと現場にて打合を行いました。

まずは、パイル基工の紙田社長の手から・・

 

ゴツゴツとした大きな手です。この手で育てられた息子さん二人は、今では、お父さんと一緒に仕事をされています。まだまだ、こんな立派な手には、なってはいませんが 、これから、ちょっとづつ、育っていかれるんでしょう。

それでは、本日の現場の様子です。

 


精度

2011.2.20更新

2011.2.19 再度、丁張(ちょうはり)

建物の配置変更があり、再び、現場にて、丁張(実際の建物の配置、レベルを現場に現すこと)を現場監督のK君と設計室の私Mとで行いました。

まだまだ寒い中、現場の中には、つくしが勢い良く生えていました。春も、も〜すぐです。

 

以下、丁張中のK現場監督と私Mとの会話。

K「Mさん、 あと0.5o東へ移動させてください。」

M「0.5o??」

K「はい、0.5o。」

M「0.5ミリって、1ミリの半分ってことだよね?」

K「はい、そうです。」

M「スケールの目盛は、1ミリなんだけど、その半分だけ動かせって?」

K「はい、何回も同じことを言わせないでください。」

M「さっき、K君に借りたシャーペンの芯の太さは何ミリだっけ?」

K「0.7ミリです。」

M「K君って、A型やろ!」(私もA型なのですが・)

K「Mさん、しつこいです。さっさと動かしてください。」 

はい、私には無理です。もし、建物が出来上がって、0.5ミリずれていることで何か不都合なことがあったら、私Mの責任です。

基礎工事を行うパイル機工の紙田さん、大工の岩木棟梁、他諸々の職人さん、この現場の許容精度は0.5ミリです。みなさん、お気をつけて・・・ 

と、言う事で、2/18付けで確認申請もおりました。来週からはいよいよ、地盤改良工事がスタートです。 


光嶋先生との打合せ

2011.2.18更新

2011.2.16 光嶋先生との打合せ

今回も11:00〜14:30 まで、支店での充実の打合せでした。

光嶋先生がまた新たな模型を持ってこられました。

 

リビング/書斎にたつ大黒柱の四つのパターンです。上から見るとこんな風ですが、横から見ると、

 

これだけ表情が変わります。う〜む、どれも捨て難い・・・

次は、窓枠の原寸模型。

 

最後に、

 

????

これは、支店の近くに建っている、ベトナム換気扇と言います。また新しいキャラクターの登場か?

 光嶋先生、いつも長時間に渡り、ありがとうございます。次回も楽しみにしております。

 

 

 

 


1234567891011|    << 前のページ | 次のページ >>

 

[ 一覧に戻る ]